コンドロイチンやヒアルロン酸と、どのように違うのですか?

A.ムコ多糖はそれらの物質が元の自然な状態でひとつになっているものです
コンドロイチンやヒアルロン酸、グルコサミンとはムコ多糖を形成する物質のひとつです。それらの物質は体の中では単体で存在しているのではなく、「ムコ多糖」としてひとかたまりで存在しています。ムコ多糖を食べることは、それらを丸ごと自然な状態のまま摂取することになります。
加齢に伴う関節痛だけであれば、サメ軟骨の『コンドロイチン』や『グルコサミン』でも、ある程度の改善が期待できますが、ムコ多糖はそれだけではなく「血管の養生」や「若返り」を実現させるための強力な保水力を備えた素材になります。
また、サメ軟骨から抽出されたコンドロイチンはDタイプになりますが、人間と同じ哺乳類である牛から抽出されたコンドロイチンはAタイプであり、これは人間と同じタイプになるため、身体になじみやすく、体感が得やすいのが特徴です。
株式会社エヌティコーブン お問い合わせ問い合わせフォーム