ムコ多糖とコラーゲンとは違うのですか?

A.ベッドに例えるとコラーゲンはバネ、ムコ多糖はクッションの役割です
ムコ多糖とコラーゲンとは違うものです。コラーゲンは身体のタンパク質の40%を占める線維組織(ゼラチン)で、その繊維組織の間を埋めて、保水を担っているのがムコ多糖です。
ムコ多糖とコラーゲンの違いを、解りやすくソファーに例えてみると、コラーゲンはバネやスプリングとして骨組みを担当し、ムコ多糖はスポンジなどのクッションの役割を果たします。
ベッドの骨組みはバネやスプリングですが、充分なクッションが詰め込まれていてこそ、快適な寝心地が約束されます。
お肌においてもムコ多糖は、クッションの役割を果たしながら、その保水力で潤いを保っています。
また、コラーゲンは40歳前後からゆっくりと減少し始めますが、ムコ多糖は20代半ばから急激に減少してしまいます。
また、水分がたっぷりと蓄えられる状態、つまりムコ多糖が十分体内に行き渡っている状態では、健康なコラーゲンやエラスティンなどの繊維が生成されて、シワが出来にくくなると考えられます。

株式会社エヌティコーブン お問い合わせ問い合わせフォーム